組織体制

千葉商工会議所組織図


◎ 議員と議員総会
 商工会議所には組織の意思決定を司る最高意思決定機関として、会員の代表である議員(当商工会議所は120名)で構成する議員総会があります。 議員総会は、役員・議員の選任、事業計画、予算・決算など商工会議所運営の重要事項を審議します。 なお、議員はその選任方法より商工会議所法第41条の1号~3号に規定されていることから、それぞれ「○号議員」と呼ばれています。この1号から3号の区分は便宜上つけられているだけで、選出が終わればすべて同一の資格となり役割等に差はありません。
 
   1号議員 (60名) 会員と特定商工業者が会員の中から投票選挙により選任

   2号議員 (42名) 会員の所属する業種部会で部会員の中から選任
   3号議員 (18名) 会頭が常議員会の同意を得て選任


◎ 役員

 千葉商工会議所は、日常の事業を直接運営する常設機関として次の役員を置いています。

   会 頭  (1名)
   副会頭  (4名)
   常議員  (40名)
   専務理事 (1名)
   監 事  (3名)
   常務理事 (1名)


◎ 常議員会

 
商工会議所の最高意思決定機関としては議員総会がありますが、絶えず変動する経済・社会情勢に迅速かつ適性に対応し、事業に効率良く対処していくため、常議員会があります。 常議員会は議員の中から選任する常議員(40名)と正副会頭・専務理事をもって構成されています。 千葉商工会議所の事業運営に関する多くの事項はこの常議員会の承認を経て実施されており、一般社会の役員会に該当するものです。

◎ 部会
 部会は部会役員(正副部会長、常任委員)と一般会員で構成されており、業界動向や経営問題についての調査・研究、情報交換、同業種や関係業種の会員との交流などの事業を行う一方、業界の声、会員の声を商工会議所事業に反映させるための重要な組織として位置付けられております。 千葉商工会議所には10の業種部会があり、会員は業種に応じていずれかの部会に所属していただいております。
 
   (1)  小売部会

   (2)  食品部会
   (3)  卸売部会
   (4)  工業部会
   (5)  金融部会
   (6)  運輸部会
   (7)  建設部会
   (8)  観光・サービス部会
   (9)  自由業部会
   (10) 医療・介護部会

◎ 委員会
 商工会議所がその目的達成に必用な地域問題や経済問題、あるいは運営上の重要事項を調査研究する機関で、議員と有識者により構成されています。 現在、8の常設委員会があり、120名の議員はいずれかの委員会に必ず所属して頂くことになっております。なお、時限性のある重要事項につき必要が生じた時は、委員会とは別に特別委員会を設置し調査・研究いたします。
 
   (1) 総務委員会

   (2) 産業政策委員会
   (3) 都市開発委員会
   (4) 商業流通委員会
   (5) 福祉環境委員会
   (6) 国際委員会
   (7) 情報委員会
   (8) 金融・税制委員会

 


 

千葉商工会議所
【住所】
〒260-0013
千葉市中央区中央2-5-1
千葉中央ツインビル
2号館13階
【電話】
043-227-4101
【業務時間】
平日 9:00 ~ 17:00

アクセス

千葉商工会議所
入会のご案内
千葉市内の約5社に1社
会員です!
夢シティちば
地域の経済情報や
イベント情報を毎月お届け
ページ上部へ戻る